本体とカートリッジインキと使い方説明書

文房具・手帳

口コミ【パイロット 万年筆 kakuno(カクノ)】愛着が出てきた~

投稿日:2014年5月16日 更新日:

文章を書くのが好きです。
だから、ブログをやってたりするんでしょうが、根っからのアナログ人間のようで(汗)こうキーボードに手を置いても言葉が浮かんできません。なので、手書きで一度書いたものをキーボードで打ってブログにしてたりする人です(うわぁ、二度手間)
故によく紙にモノを書くので、気分転換に前々から気になっていた万年筆を購入してみました。
万年筆が気になったのは、多分母の影響です。母もこれまた手紙や文章を書くのが好きなのですが(遺伝)私が小さい頃から、母が万年筆を使っていたのをよく覚えていて、万年筆には、ずっとほのかに憧れがあったのです。(お母さん・・・・小さい私が、使いたいと言っても、使わせてくれなかったなぁ、今なら理由はわかりますが)

私が購入したのは、パイロットのkakuno(カクノ)です❤

パイロットのkakuno(カクノ)を買ってみました

万年筆初心者のなので一般的に言われる万年筆の魅力を調べてみた

  • 万年筆は自分で書き味を作る、成長する筆記用具(使い込むほどにペン先が使い手のくせなどで違った風に変化する)
  • 筆圧が少なくて済むので、疲れにくい、たくさんの文字数を書くと違いがわかるらしい
  • 書くスピードが早くなる
  • メンタル的なもの・・・・愛着や、(万年筆を使っているという)優越感みたいなもの

なるほど~。kakuno(カクノ)を使い始めて数週間何となくわかる気もしますなぁ~。


でも、万年筆って・・・・他の筆記用具に比べ劣るところも多いんです

  • インクが乾くのが遅い(私みたいにせっかちな人は紙も手も汚くなる・・・)
  • インクが裏抜けする(愛用のEDIT(手帳)は裏抜けしました・・・・)
  • しばらくキャップを開けたままにしておくと乾いて、文字が書けなくなるなど、扱いが難しい(メンテナンスが必要)
  • インクはけっこう減りが早いです、維持費は、(インクだけでも)ボールペンよりかかるかもです
  • ちなみに、本体は上を見ればキリがなく高価(笑)

でも、万年筆愛用者は、これらの短所を全て納得の上で、万年筆はこの上なくすばらしい筆記用具であるとおっしゃいますね。何となくわかる気もします。


私が購入したのは初心者におすすめの万年筆 パイロットのkakuno(カクノ)

親しみやすさを感じるかわいらしいパッケージや広告で、万年筆のイメージをいい意味で壊したkakuno(カクノ)。kakuno(カクノ)のおかげで万年筆の敷居が低くなったかもです。(私のような人の目に留まるというのはきっとそういうことです。)

えがおのマークがかわいい❤

ペン先の「えがおのマーク」など、微笑みたくなるようなかわいさがありますね。子供にもいいかと思います。


kakuno(カクノ)はリーズナブルな万年筆 1000円+税

とにかく「リーズナブル」これ大事!!ブンボーグ ゼロワンでは、さらに安く1000円でお釣りがくる&楽天お買い物マラソン中だったので、ポイント10倍ゲットです❤

本体とカートリッジインキと使い方説明書

万年筆本体と、カートリッジ式のインク、「やさしい万年筆kakunoの使い方」説明書みたいなもんですね、で1セットになっています。

万年筆とは・・・・・

下から・・・・

  • キャップ
  • ペン先・首
  • カートリッジインキ

・・・・です。
首に、カートリッジインキをさして使います。何色のkakuno(カクノ)を買っても、黒のインクが1本もれなくついてきますが、もちろん何色を使ってもOKです。私はピンクのキャップのものは、ピンクのインクを入れたいと思って買ったので別売りの[パイロット] 万年筆用カラーインキカートリッジ【IRF5S】のピンクのカートリッジインキを入れました。

ピンクのカートリッジインキを同梱

ブンボーグ ゼロワンでメール便に同梱してもらいました~。個人的には万年筆=青のイメージなんですが(これまた母の影響)書類とか、青じゃあちょっとってものもあるので、無難に黒にしました。


さーて、kakuno(カクノ)で文字を書いてみます

  • 黒・F(細字)
  • ピンク・M(中字)

kakunoで文字を書いてみた

書き味がなめらかなのは、M(中字)の方。字が好みなのは、F(細字)の方かな。 万年筆の書き味は自分で育てるものみたいので、今後の変化にも期待!? 正直、う~ん、まぁこんなもんかなぁという感じですが。(そんなに字が上手く見えるとかではないなぁ・・・・まぁ元が元だけに・・・・・)でも、使っているうちに、どんどん愛着が出てくるのは本当ですね。買って良かった。


万年筆上級者になりたい!!万年筆のペン先の素材

kakuno(カクノ)のペン先の素材は特殊合金
万年筆のペン先の素材は種類があって、万年筆の一番重要な部分と言っても過言ではありません。

非常に高価ですが、ペン先に「金」が使われている万年筆があります。万年筆のペン先に金が向いているのは、インクにより腐食しにくいということ、金は他の金属に比べてやわらかく弾力があるのでなめらかな書き心地が特徴ということが挙げられます。万年筆は、成長すると先にも書きましたが、金はやわらかいので(=自分が書きやすいようにペン先がすり減る)それが顕著なんだそうですよ。なるほど。う~ん、一度使ってみたいですな、ペン先が金の万年筆。まぁ当分はkakuno(カクノ)を愛用するつもりでいますが・・・・。

パイロット 万年筆 kakuno(カクノ)通販情報


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は 「お取り寄せ編 http://dimple-review.info/」の分を合わせると1000以上。最近、子宮筋腫の手術をしました。そちらの体験談や、これからの子宮筋腫との付き合い方についてもぼちぼちアップしていくつもりです。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-文房具・手帳

Copyright© 通販白書 | レビューと体験談 口コミブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.