酸素系漂白剤が好きです❤

洗剤・柔軟剤

口コミ【シャボン玉石けん 酸素系漂白剤】使い方 除菌・消臭 洗濯にもキッチンにも多用途に使えます

投稿日:2015年6月14日 更新日:

ジメジメジメジメ。憂鬱。
漂白・殺菌の季節がやってきました。ヘビーな北陸の梅雨を迎えるにあたって、ケンコーコムで日用品を買うついでに、シャボン玉石けんの酸素系漂白剤も一緒に買い足ししたところです。(これで梅雨が越せる。)

シャボン玉石けんの酸素系漂白剤を買った!!

私が酸素系漂白剤を使って漂白・殺菌しているもの

  • 白の食器(特に茶渋をとるため。)
  • 布ナプキン(普段はアルカリウォッシュで洗いますが、たまに酸素系漂白剤でつけ置きすることで、しつこい汚れがとれるし、また殺菌の効果もあると思うので気持ちよく使えます。)
  • 水筒の手の届かないところ(これがピカピカになって気持ちがいいのだ。)使用方法のところに金属は使用不可と書いてあるが、ステンレスは大丈夫なのだそうだ。実際、水筒は無事ですし。)

水筒めっちゃきれい❤

  • 同じく、底まで手が届いて洗うことのできないコーヒーサーバー(こちらはガラス製。)
  • 歯ブラシ
  • ふきん

酸素系漂白剤は、漂白・殺菌には時間がかかります。

つけ置きしておくと、穏やかに殺菌、漂白をしてくれます

長時間つけ置きして、漂白・殺菌しています。酸素系漂白剤とお湯と漂白・殺菌したいものを桶に入れます。最初シュワシュワと泡が出ます。しばらくするとシュワシュワは止まり、(ひどい汚れの時は)汚れがはがれて浮いてきているのが見えたりします。


「酸素系」と「塩素系」それぞれのいいところ、悪いところを理解して使い分ける

漂白剤には、「酸素系」と「塩素系」があり、それぞれ特徴があります。

  • 酸素系漂白剤 漂白力・殺菌力が穏やかで時間がかかる
  • 塩素系漂白剤 漂白力・殺菌力が強く、短時間で効果がある

漂白・殺菌というポイントだけで見ると優秀なのは「塩素系」ですが・・・・・。その強い殺菌力故に使いにくさもあるのです。それをカバーするのが酸素系漂白剤だと思います。2種類の長所・短所を知ることで使い分けをすることで、漂白・殺菌という作業がはかどるようになります。

私は、酸素系漂白剤が好きです。(個人的意見。)

酸素系漂白剤が好きです❤

人体や環境に優しいというのが一番の理由です。手についても大丈夫なのでゴム手袋が要りません。

  • 酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤のようなつんとした嫌なニオイがない
  • 酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤のように手についたらヌルヌルしない(手があれない。)
  • 塩素系漂白剤は、色柄ものに使うとそのもの自体の色が落ちてしまうので、白のものにしか使えないが、酸素系漂白剤は、色柄物にも使える(また、塩素系漂白剤で掃除中にお気に入りの服について色落ちしてしまった!!!なんてことがありません。)
  • また、布ナプキンのように直接肌に触れるようなものは、塩素系は抵抗があります

時間がかかるのが難ですが、最近は夜に酸素系漂白剤でのつけ置きをはじめて、朝きれいになっているのを楽しみに寝るというのが日課です。

が、塩素系漂白剤(泡タイプのもの)もお家には常備してあります。
排水溝の汚れや、お風呂、トイレの頑固な汚れは効率を考えて、塩素系で掃除します。また、まな板は、塩素系(泡)が好きですね。あっという間に除菌できるし、泡がとどまってくれますから、楽チンです。本当は食品が触れるものなので酸素系でできれば一番いいのでしょうが、まな板をつけ置きするとなると、けっこう大きな桶がいるし、まな板は塩素系の泡で除菌が定番です。


酸素系漂白剤を溶かすお湯の温度に注意

シャボン玉石けんの酸素系漂白剤の「ご使用にあたって」の欄に、「50度以下の温湯に溶かし、石けんと併用して使用。」また「50度以上のお湯は使わないでください」とあり・・・・・。つまり、ぬるいお湯が必要なのです。これはちょっと面倒。お風呂の残り湯を使ったりするのが一番効率がいいかな。あれ、40度くらいだし。私はテキトーにポットでちょうどいいくらいの温度まで(感覚で)お湯を沸かしたりして使ってます。


私はシャボン玉石けんの酸素系漂白剤を愛用しています

シャボン玉石けんの酸素系漂白剤をリピートしています。 ドラッグストアでも酸素系漂白剤は売っています。でも、用途に合わせて、過炭酸ナトリウムに界面活性剤や蛍光剤をプラスされているものもあるんです。私は、先にも書いたように酸素系漂白剤を洗濯にもキッチンにも・・・・・いろんな場面で使っているので、混ざりもののない100%過炭酸ナトリウムが安心です。(100%のものでなくてもそんなに効果は変わらないのかもしれませんが、多用途にするといちいち使うときに使っていいのか迷ってしまうので。)

レトロなパッケージも気にいっている

シャボン玉石けんのレトロでかわいいパッケージも気に入っているし、シャボン玉石けんのシリーズは、ボディーソープや、他のお掃除洗剤なども使ったことがありますが、シンプルな成分のものばかりでどれも好きでした。これからも、シャボン玉石けんの酸素系漂白剤を愛用します。1袋750g入りで、これだけあればかなりもちます。しばらくは買わなくていいとは思いますが。

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 通販情報


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は 「お取り寄せ編 http://dimple-review.info/」の分を合わせると1000以上。最近、子宮筋腫の手術をしました。そちらの体験談や、これからの子宮筋腫との付き合い方についてもぼちぼちアップしていくつもりです。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-洗剤・柔軟剤

Copyright© 通販白書 | レビューと体験談 口コミブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.