突発性難聴

突発性難聴の症状/治療/薬 耳がぼーわんとしてきたらすぐ耳鼻咽喉科へ

投稿日:2011年9月22日 更新日:

突然、耳に異変を感じて耳鼻咽喉科に行きました。
突発性難聴と診断されました。

私が感じた突発性難聴の症状(病院に行くまで)

8月31日

朝起きた時から、耳がぼわーん、ぶーん、といっている。痛いわけでもないし、聞こえにくいというわけでもない、耳の他、体調が悪いというわけでもないので様子を見ることに、寝たら治るかぁぐらいの。

9月1日

ぼわーんが悪化。ぼわーんの強さは波がある。ぼわーんがひどい時は、「ザーザー」という感じで・・・・・聴力の低下を感じる。(飲食店で働いているんですが)食器などのカチャカチャという音は際立って聞こえるのに中距離にいる人の話し声が聞こえづらい。オーダーを聞きに行く時ちょっとドキドキ。お客さんに迷惑かけたらどうしよう。


いざ、耳鼻咽喉科へ


9月2日

病院へ。 聴力検査念入りに。いろんな高さ(音域)のピーという音が聞こえるか、聞こえないかの検査。 後、先生による問診と、耳、鼻、喉を見てもらう。私は、耳、鼻、喉には異常が見られなかったみたいなので一瞬で終わりました。鼓膜もきれいだと言われました。すぐに突発性難聴と診断されました。

突発性難聴とは、原因不明で突然聴力が落ちる耳の病気。原因不明ということですが、風邪をひいている(ひいていた)、ストレスを感じている、疲れを感じている・・・・・といった時に起こりやすいとのことでした。 「耳の中身のココが悪い」ということであればそこを治療すればいいけど、原因はざっくりストレスとか、疲れということであれば、それを根本的に治す薬というものはないらしく・・・・・ 処方されたの薬は、直接的なものではないとのこと。


突発性難聴と診断されて処方された薬

突発性難聴と診断されて、この薬達が処方されました

  • プレドニン錠5mg・・・・アレルギー、炎症を抑える薬(これがステロイドです。)
  • ガスドック錠20mg・・・・胃炎の症状を改善、胃酸の分泌を抑える薬。(ステロイドが胃を悪くすることがあるため、ステロイドと一緒に服用します。)
  • ヨウコパール錠500(0.5mg)・・・・ビタミンB12を補う薬、末梢神経障害を改善する薬。
  • カリクレイン錠10単位・・・・めまいを抑える薬、血行をよくする薬。末梢の血管を拡げる。

薬の忘れずに飲み(特にステロイドは必ず医師の指示通りに飲むこと)、安静にしていてくださいとのこと、また、4日後に来て下さいと言われました。


薬を服用しながらその後の症状

9月3日~9月5日

薬を飲むとぼわーんはおさまった。でも、耳の中に水が入った時の感覚みたいなのが水が入っていないにも関わらず、続いたり、(自分の声だけが頭に響いているあの感じ)また、他の人の声の響きのバランスがいつもと違う感じがあって不快に思うことがありました。


突発性難聴 2回目の病院

9月6日

再診。 だいぶ良くなったものの、上に書いたような症状があると言うと、それも突発性難聴の症状だと言われました。聴力検査の結果も、以前よりは良くなっているものの標準よりは悪いということで、ステロイドの量を減らしていって様子を見ることに。

ステロイドを朝晩、3錠ずつ飲んでいたのをその日から3日は2錠に・・・・その3日後からは1錠に。

「聴力が前と変わらない、落ちているようだったら、入院を勧めようと思っていあたのですが・・・・」と言われショック!!!にゅ、入院って!!!聴力が戻って良かった~ほっ。1週間後にまた来て下さいとのこと。 ・・・・その後・・・・・まだ、不安な気持ちはあれど、耳の症状は自分ではあまり不快と感じない程度に回復。


突発性難聴 3回目の病院

9月13日

3度目の診察。 聴力検査の結果、まだ少し聴力が落ち気味との結果でしたが、私の自覚症状がないということで通院は終わりに。ステロイドは中止。それ以外の薬を10日間飲みながら様子を見ることに。

それ以降は、異常を感じていません。


突発性難聴は、意外と身近にある病気?!早めの治療が早期回復のカギ

突発性難聴・・・・ 後で調べて知ったことですが、あの浜崎あゆみさんもそうだったんですね。私はその軽症バージョンかな??めまいや、吐き気を伴うこともあるそうですが、私の場合そういった症状はありませんでした。 私は3回の通院で何となく治って幸いでしたが、原因がわからないということもあって(治療は手探りで進められ・・・・)治療は長期戦になることも多いようです。だいたいの場合、ステロイドの服用から始めるようですが。 また、症状が出てから放っておいた時間が長い程、治りにくくなるようなので・・・・・

一般的には発症から1週間以内に治療されれば治療成績は比較的良好であるが、それ以降は治療成績は落ち、2週間を過ぎると治癒の確率は大幅に低下する
ウィキペディア 突発性難聴のページより引用

最初の症状と言えば、痛くも痒くもなくぼわーんとなっているだけでしたが、「たかが、ぼわーん」だとバカにせず、病院に行くことをおすすめします。


突発性難聴にかかった治療費

  • 1回目 診察3170円 薬代 580円(ジェネリックでお願いしました。)
  • 2回目 診察800円 薬代 660円(同じく、ジェネリック)
  • 3回目 診察740円 薬代 610円(同じく、ジェネリック)

全部で、6560円かかった。チーン。でも、治って良かったです。


突発性難聴関連の書籍・本



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は 「お取り寄せ編 http://dimple-review.info/」の分を合わせると1000以上。最近、子宮筋腫の手術をしました。そちらの体験談や、これからの子宮筋腫との付き合い方についてもぼちぼちアップしていくつもりです。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-突発性難聴
-

Copyright© 通販白書 | レビューと体験談 口コミブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.